本文へスキップ

扉一枚から建物全体の塗装、家具の塗装も行ないます。

お電話でのお問い合わせはTEL.045-334-7673

〒232-0061 神奈川県横浜市南区大岡5-12-1

劣化診断degradation diagnosis


塗り替えの目安(劣化診断)建物の不具合でよく見かける症状は・・・

塗装されているところ

 《素材別》 (目で見る) 
 セメント系素地
 モルタル
 窯業系サイディング
 塗膜の色の変色
塗膜の劣化 色の変化  
 つやの低下
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる) 
 ふくれ
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる)
 われ
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる) 
 はがれ
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる) 
 汚れ
 塗膜の劣化
油煙付着、カビ、苔、藻類、さび汚れ
 下地のひび割れ
塗膜の浮き、ふくれ、われ、
はがれが周辺にまで発生 
 鉄筋露出 発錆
鉄筋コンクリートの場合に見られます 
 漏水
ひび割れや防水の劣化で水がまわる  
 エフロレッセンス
下地のアルカリ成分が水溶、析出、
炭酸ガスで固着化 
 金属系
 金属系サイディング
 鉄板
 トタン
 塗膜の色の変化
塗膜の劣化 色の変化 
 つやの低下
 塗膜の劣化 つや引け
 さび
 白さび(亜鉛メッキの酸化・塩化腐食) 
赤さび(鉄が酸化)
 はがれ
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる) 
 本質系  われ
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる) 
 はがれ
塗膜の付着劣化
(下地側からの要因も考えられる) 
 カビや藻の発生等
塗膜の劣化
油煙付着、カビ、苔、藻類、さび汚れ 


塗装されている(方位別)

一般に太陽光がよく当る南面と西面では、その他の面に比べると「色の変化」「つやの低下」が大きくなる。
・日当たりが悪く、湿った状態になりやすい北面では「カビ・藻の発生」がよく見られる。
・方位によらず雨がかりや結露により塗膜に染み込んで「ふくれ」「われ」「はがれ」等の不具合が見られます。


塗装されているところ(手で触ってみる)

・塗膜の表面を手で軽く触って、手の表面に粉が付着するかどうかでチョーキング(白亜化)を確認出来ます。  
チョーキング(白亜化)・・・白墨のチョークからきている言葉で、太陽光や雨などの影響で塗膜の表面が傷み、
チョークの粉のように粉化する状態の事です。


保証書の発行

塗膜の傷みをそのまま放置すると、塗膜の異常だけでなく、大切な建物自身まで傷みが進む事が予想されます。
それらの劣化に対し適切な下地処理を行い塗装をする事で耐久性の向上につながります。
私たち専門家による2次・3次診断を必要に応じて行い、現状を正しく理解して、
改修工事の計画を立てる事をお薦めします。 また弊社では保証書を発行しております。


Builder Clinicビルダークリニック

〒163-0000
東京都○○区○○○1-2-3
TEL 03-1234-0000
FAX 03-1234-0001